NewsRelease

/NewsRelease

【お知らせ】オーダーメイドサプリメントサーバー「healthServer」を 建設現場に設置、IoTの活用で熱中症対策を実現

身体で不足した栄養素の解析から提供までをワンストップで行う、世界初(※)のオーダーメイドサプリメントサーバー「healthServer(ヘルスサーバー)」を展開するドリコス株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:竹 康宏)は、建設現場に熱中症対策商品を販売するユニトライク株式会社(本社:新潟県新潟市、代表取締役:村上 秀樹)と共同で、建設現場への商品展開を開始いたします。

厚生労働省によると、建設業は業種別の熱中症発生数が圧倒的に多く、製造業との合計で全体の約5割を占めています。熱中症の危険度が上昇するこれからの季節に向けて、水分補給だけではなく、作業員に不足した栄養素を提供することが重要です。

(※1)2018年5月当社調べ

【熱中症と栄養について】
栄養不足による身体のだるさが熱中症の引き金になることがあります。高温多湿の環境では栄養素の消費も激しく、食欲低下による栄養不足も起こりがちです。healthServer(ヘルスサーバー)を使用することで、不足しがちな栄養素を手軽に摂取し、栄養不足から起こるだるさや夏バテ、熱中症対策を支援します。

【healthServerとは】
ドリコス株式会社が製造販売を行なっております。利用者に合わせサプリメントの量と組み合わせを自動で行い、実際に粉末で提供するオーダーメイドサプリメントデバイスです。2018年1月より、オフィス、ホテル、建設現場などの法人事業者向けに展開中となっております。

詳細はこちら: http://healthserver.jp/

【企業概要】
名称  : ドリコス株式会社
所在地 : 113-0034 東京都文京区湯島3-16-12 モーリオン湯島6階
代表者 : 代表取締役 竹 康宏
事業内容: healthServerサービス事業
URL   : http://dricos.co.jp/
      http://healthserver.jp/

名称  : ユニトライク株式会社
所在地 : 950-2063 新潟県新潟市西区寺尾台2-4-46 寺尾シティ7号
代表者 : 代表取締役 村上 秀樹
事業内容: 工事現場イメージアップの企画・制作
バッテリー製品の企画・製造・販売及びメンテナンス
職場環境改善製品の企画・製造・販売
URL   : http://unique-office.com/

【お知らせ】<ホテル業界初>宿泊客に不足した栄養素を自動で提供し、 身体ケアのおもてなしを実現! オーダーメイドサプリメントサーバー『healthServer』を 安心お宿プレミア京都四条烏丸店に導入!

身体で不足した栄養素の解析から提供までをワンストップで行う、世界初(※1)のオーダーメイドサプリメントサーバーhealthServer(ヘルスサーバー)を展開するドリコス株式会社(本社:東京都文京区)は、豪華カプセルホテル 安心お宿を展開するニュートン・サンザグループ(本社:東京都新宿区)が新たにオープンした安心お宿プレミア京都四条烏丸店にhealthServerを設置しました。

(※1)2018年5月当社調べ

ビザの発給緩和や円安傾向による訪日外国人観光客の増加、2020年開催のオリンピックといった追い風要因により宿泊業界の成長が続いています。日本の3大エリア(東京23区、大阪、京都)では、ホテルの新規開業ラッシュが続き、2020年までに2016年時点の客室数の38%に相当する客室数が新規供給されることが予測されています(※2)。

一方で、社会の消費はモノ消費から体験を中核としたコト消費に移行しており、宿泊業界においても寝泊まりするだけではなく、宿泊に付随する顧客体験に様々な取り組みが始まっています。

宿泊されるお客さまに対するおもてなしサービスは、重要な顧客体験の1つです。これまで、おもてなしの1つとして身体ケアを提供するためには、マッサージなどの人員を配置する必要のあるサービスが一般的でした。オーダーメイドサプリメントサーバーのhealthServer(ヘルスサーバー)は、宿泊施設側の人員配置が必要なく、お客さまに不足した栄養素を自動で解析、提供までをワンストップで行います。お疲れの身体にエネルギーの源となる栄養素を、パーソナライズしておもてなしするサービスを構築することが可能です。

200を超える無料サービスでお客さまのおもてなしを実現され、WBS白熱!ランキングカプセルホテル特集にて1位を獲得された安心お宿の新店、京都四条烏丸店の女性エリアラウンジスペースにてhealthServer(ヘルスサーバー)をご導入頂きました。ホテル業界でのhealthServer(ヘルスサーバー)の導入は初となります。

観光や出張でお疲れのお客さまのために、ホテルを単なる寝る場所ではなく、身体のエネルギーを回復する場に変えるお手伝いを実現しました。最先端のテクノロジーと、日本のおもてなし精神を掛け合わせ、ホテル業界初となるおもてなしの最前線の事例です。

(※2)CBRE releases 2018 Japan Hotel Market Outlookより
https://www.cbre.co.jp/en/about/media-centre

【healthServer(ヘルスサーバー)の詳細】
その人の身体で不足した栄養素を解析から提供までをワンストップで行う世界初のオーダーメイドサプリメントサーバーです。横幅、奥行が約15cmの非常にコンパクトなサイズで、コンセント1つで稼働します。お水も必要としないので、どこでも気軽に設置可能です。ホテルに来られたお疲れのお客さまが、タブレットに性別、年齢、前後のご予定を入力するだけで、身体で不足する栄養素を自動で解析します。解析された栄養素は、飲み物に溶かせる粉末状でその場で提供されます。その栄養素を飲むだけで、お疲れのお客さまにサプリメントのおもてなしを提供します。

サプリメントのレシピは、年齢性別の個人特性と、前後の予定による身体への負荷から栄養素に変換する独自アルゴリズムによって決定されています。この独自アルゴリズムは、医療法人財団百葉の会 銀座医院 院長補佐・抗加齢センター長の久保 明医学博士と、管理栄養士によって作成、監修されています。

【久保 明医学博士と管理栄養士の情報はこちら】
http://dricos.co.jp/nutritionteam

【安心お宿プレミア京都四条烏丸店の詳細】
ニュートン・サンザグループ(本社:東京都新宿区、グループ代表CEO:荻野 勝朗)が、首都圏の主要ターミナル駅近くなどに展開している“進化系カプセルホテル”の国内チェーン拡充の一環として、2018年4月18日(水)、京都・四条烏丸にオープンしたホテルです。

「豪華カプセルホテル 安心お宿プレミア京都四条烏丸店」では、200個以上の無料サービスや、カプセルホテルで日本初となる「AIロボットコンシェルジュ」と、体調に合わせて栄養素をオーダーメイドに組み合わせて粉末で提供するオーダーメイドサプリメントサーバー「healthServer」(女性エリアのラウンジスペースのみ)を導入しています。

さらに、当ホテル初の女性も利用可能のカプセルホテルとして運営し、女性のお客様限定で、岩盤浴を設置するほか、パウダールームのご用意、グループで宿泊されるお客様に向けてカプセルホテル初のドミトリー部屋「女子会ルーム」を設置しています。そのほか、ビールや純米酒などが飲み放題の「大人のドリンクバー」もOPEN記念として、宿泊者限定価格1時間=750円にて、提供しております。観光客のお客様やインバウンドのお客様はもちろん、都心エリアにおける企業の労務改善に対し、ビジネスマンの駆け込み寺的な新たなインフラを目指したホテルです。

【会社概要】
社名   : ドリコス株式会社
所在地  : 東京都文京区湯島3-16-12 モーリオン湯島6F
代表者  : 代表取締役 竹 康宏
Webサイト: http://dricos.co.jp/
事業内容 : healthServer(ヘルスサーバー)事業
ユーザの身体をセンシング、またはスマホアプリから行動の情報を入力し、体調や前後の行動に合わせ、自動で栄養素を組み合わせて提供するデバイスとそれに付随するサービスの提供

【ご報告】第三者割当増資の実施に関するお知らせ

身体に不足した栄養素の解析から提供までをワンストップで行う、オーダーメイドサプリメントサーバー「healthServer(ヘルスサーバー)」を開発、販売するドリコス株式会社(以下、当社)は、三菱UFJキャピタル株式会社、株式会社環境エネルギー投資、加賀電子株式会社の3社を引受先とする第三者割当増資(総額約2.3億円)を致しましたのでご報告いたします。

■本増資にあたって
2015年から開発を開始したヘルスサーバーは、既存株主をはじめとする様々な方々の支援を頂き、2018年1月より法人向けに販売を開始致しました。発売開始と共に、従業員の健康サポートを目的とした大手企業での導入や、お客様への栄養サポートのおもてなしを目的としたホテル事業者での導入を頂いております。さらなる販売数の増加、機能開発、生産体制の安定化、これに伴う人員採用をより一層進めるために、当社は第三者割当増資を実施致しました。
本増資は、三菱UFJキャピタル株式会社、株式会社環境エネルギー投資、加賀電子株式会社の3社を引受先としております。2016年1月に投資実行頂いておりました三菱UFJキャピタル株式会社による事業成長に伴う追加投資に加え、新たな株主として株式会社環境エネルギー投資と加賀電子株式会社の2社をお迎えしております。株式会社環境エネルギー投資は、環境・エネルギー分野に特化した日本で唯一のベンチャーキャピタルであり、当社のオーダーメイド技術を当該分野に発展させ、より一層の販売強化を推進することを目的としています。加賀電子株式会社は電子部品調達や製造サービスの領域において、幅広いノウハウとリソースがあり、当社の生産体制の安定化を図ることを目的としています。新たな体制により、当社事業をより一層強力に進めてまいります。

 

■調達先概要
社名:三菱UFJキャピタル株式会社
本社所在地:東京都中央区日本橋1-7-17
代表者:代表取締役社長 半田 宗樹
事業内容:ベンチャーキャピタル事業
Webサイト:https://www.mucap.co.jp/

社名:株式会社環境エネルギー投資
本社所在地:東京都品川区東五反田5-11-1
代表者:代表取締役社長 河村 修一郎
事業内容:環境・エネルギー分野に特化した、日本初のベンチャーキャピタル事業
Webサイト:http://www.ee-investment.jp/

社名:加賀電子株式会社
本社所在地:東京都千代田区神田松永町20番地
代表者:代表取締役社長 門 良一
事業内容:電子部品・半導体の販売からEMS(電子機器の受託開発・製造サービス)、パソコン及びその他周辺機器などの完成品の販売など
Webサイト:http://www.taxan.co.jp/

 

■ドリコス株式会社について
社名:ドリコス株式会社
東京都文京区湯島3-16-12 モーリオン湯島6F
代表者:代表取締役 竹 康宏
Webサイト:http://dricos.co.jp/
事業内容:healthServer(ヘルスサーバー)事業
ユーザの身体をセンシング、またはスマホアプリから行動の情報を入力し、体調や前後の行動に合わせ、自動で栄養素を組み合わせて提供するデバイスとそれに付随するサービスの提供
プレスリリースはこちら

 

■このリリースに関するお問い合わせ
ドリコス株式会社
カスタマーコミュニケーション本部
担当:過足(よぎあし) support@dricos.jp

【お知らせ】世界初!身体に不足した栄養素を自動で提供する healthServer<ヘルスサーバー>発売開始

ドリコス株式会社(以下、当社)は、身体に不足した栄養素を自動で解析から抽出まで行うhealthServer<ヘルスサーバー>を発売開始いたしました。不足した栄養素を抽出まで行えるマシンは世界で初となります(2018年2月時点当社調べ)。昨今の働き方改革や健康経営へのニーズの高まりを受け、法人向けに販売をして参ります。導入するだけで手軽に従業員の栄養ケアまでできる、手軽な健康経営のソリューションです。

■正式製品名(カタカナ名)
healthServer(ヘルスサーバー)

■製品説明
healthServerは、本体に設置された生体センサーや、専用のスマートフォンアプリから、体にかかっている負荷の状況や行動情報、食事情報などを取得し、それらの情報を元に、今必要と思われる栄養素を推定し、実際に提供までをワンストップでおこなう世界初のデバイスです。本体に設置された生体センサーからは、身体と精神にかかる負荷の度合いを計測し、それをスコア化します。そのスコアに応じて、減少していると類推される栄養素を補う形で栄養素を提供します。
専用のスマートフォンアプリからは、アプリ上でこれまでの行動、これからの行動を選択し、失ってしまった、また失うであろう栄養素を類推し、それらを補うように栄養素を提供いたします。その他、スマートフォンアプリからは、直前の食事情報を連携することができます。1食あたりの理想的な栄養バランスと、直前の食事で摂取できたと思われる栄養素との差分を類推し、栄養素を提供します。

生体センサーから今のあなたを分析します。

専用スマートフォンアプリから前後の行動情報や、食事情報を連携します。

栄養素は粉末で提供されます。お好きなお飲みものに溶かしてお召し上がりください。

■概要
対象:法人のお客様
製品・サービス名:healthServer<ヘルスサーバー>
価格:
30,000円/月+税 〜60名様
60,000円/月+税 〜120名様
90,000円/月+税 〜180名様
180名様以上は要相談
本体は無償でリースさせていただき、
栄養素の入ったカートリッジ、紙コップを毎月配送させていただきます。
Webサイト:http://healthserver.jp/
製品パンフレットのダウンロードはこちら:http://healthserver.jp/contact-bus-p/
お申込書・利用規約のダウンロードはこちら:http://healthserver.jp/contact-business-application/

■ドリコス株式会社 代表取締役 竹 康宏 ご挨拶
生きる上で不可欠なことを、もっと快く
2012年1月27日、私が理工学研究科大学院生の時にドリコスを創業しました。理工学の世界では、今日も驚くような最先端の技術が研究されています。私も幸いなことに、恵まれた研究環境に身をおいて最先端の研究に携わることができました。最先端の研究の多くは、性能や利便性の著しい向上を達成しています。しかし、一歩たち下がって見ると、生きる上で不可欠なことほど、まだまだ技術の恩恵を受けていないギャップに驚かされることがあります。例えば、「健康」は分かりやすい一例です。スマートフォンでは指一つであらゆる選択ができるのにも関わらず、健康は指一つの選択ではほぼ何も変わりません。生きる上で不可欠なことこそ、技術でもっと快くすべきではないか。この想いからドリコス株式会社が誕生しました。

無意識に達成できる「快さ」
生きる上で不可欠なことを、快くする。それは一体どのような姿なのか。私たちは、不可欠なことであるが故に、お客様の選択を必要としない、別の言い方をすると無意識に達成されること、それが快さの1つだと考えます。ドリコスの追求する”快さ”とは、無意識に、不可欠なことが達成されている”快さ”です。

「快い」を彩る、ドリコス
私たちは、生きる上で不可欠なことを、無意識で達成し、人々に有意義な時間を残すという挑戦を続けます。これまで変わることのない常識になってしまっていた日常の何気ない行動も、ドリコスの創造する、無意識に達成される体験を通じ、生活のあらゆる場面に快さを提供します。ドリコスでは、このあらゆる場面での快さの提供を、「快い」を彩る、として会社ビジョンに掲げ、この挑戦を続けて参ります。

■このリリースに関するお問い合わせ
ドリコス株式会社
カスタマーコミュニケーション本部 support@dricos.jp
プレスリリースはこちら